キャノン製プリンターのインクにはいくつかの種類がありますが、過去の製品の開発を通して、でかなり高品質の商品が提供されるようになりました。それではどのような特徴があるのでしょうか。それを知ることによって印刷する内容によってどのプリンターを使用すべきかが見えてきます。もちろん、家庭内に何台ものマシンを置くことは現実的ではありませんから、自分がどのような印刷を重要視しているかによって選べばいいのです。具体的に材料の違いによって印字品質は異なるのでしょうか。実はかなり違います。わかりやすい例では写真用紙と通常の用紙との違いです。印刷すればすぐにわかってしまいます。ただ、これからの材料は紙の質に影響されないような方法が研究されてきました。その結果として顔料が使われるようになったのです。

キャノンのインクの特徴を紹介します

これまでのプリンターでは染料が主に使われてきました。しかし、最近では顔料が注目されてきました。ここで染料と顔料の違いを説明しましょう。染料とは布に使用されてきた材料です。布を染めるため、素材の内部に沁み込みます。紙への印刷の場合も同じです。したがって、表面から見るとどうしても印刷がぼけてしまうのです。これに対して顔料は表面に付着するだけです。印刷した状態は非常にきれいになります。ただ、表面を擦ることによって顔料が取れてしまうことになります。もちろん、それはごくわずかですから、通常の使用では問題となりません。また、キャノンだけの特徴は印刷時の細かい制御によってきれいな色を再現していることでしょう。これは専用ドライバとプリンタ本体のソフトウェアによって実現されています。

純正と互換インクの違いを考える

インク購入では純正品が高価なため、どうしても互換商品を購入している人も少なくありません。通販サイトなどでいろいろなメーカーが製造している互換品が出回っているのです。ただ、純正品との違いを明確に知ってから、自分がどちらを使うべきかを判断しなければなりません。単純に価格だけで決めてはいけないのです。低価格であることは何らかの品質が悪いと考えられます。ただ、印刷物の品質によってどちらでもいい場合もありますから、適切に選択しなければなりません。必ず純正でなければならないわけではないでしょう。キャノン純正では印刷後の表面の状態は確実にきれいです。もちろん、紙の質に影響されないような材料が使われています。特に顔料は紙の表面だけに付着しますから、紙の質は関係ないのです。

お子さんやお孫さんのお誕生日に、ぬくもりいっぱいの木のおもちゃのプレゼントを♪木製玩具ならこまもの本舗 安くて豊富な種類のプリンターインクカートリッジや、高品質低価格のトナー・リサイクルトナーをお探しなら! 宅配代引きO(宅配便限り)15時までのご注文なら即日発送! キャノンプリンター対応インクご用意しております