写真を印刷するなら写真屋で、書類を印刷するならコピー機、チラシなら印刷会社に頼るのが一般的でした。ところが現在では印刷が可能な家庭用の機器が格安に出回っていますので、これらのサービスを利用しなくても、自宅で簡単に高クオリティな印刷が可能になっています。多くの家庭で印刷機を持っている状態ですが、印刷機の大手メーカーが存在しており、たくさんの愛用者がいます。大手メーカーの一つとしてキャノンのプリンターが有名ですが、インクをセットしなければ印刷できません。色のついた塗料がカートリッジの中に詰まっており、印刷機にセットすることで色鮮やかな印刷を実現してくれます。消耗品であるため、カートリッジの価格を正しく把握して、予算の確保をしておきましょう。

高品質な純正品のカートリッジの価格

キャノンのプリンターのインクには、メーカーの純正品が販売されています。純正品のカートリッジはとても品質が良く、色鮮やかで色あせがしにくいのが魅力的です。カートリッジの価格については印刷機の型番によって違ってきますので、カートリッジを購入する際に所持している印刷機の型番に対応しているのか、必ず調べてからにしましょう。単品のカートリッジであれば、1000円前後の価格になります。2本パックだと少し安く購入でき、1800円くらいです。大容量タイプのカートリッジなら、3000円近くします。5色パックだと4000円~5000円くらい、6色パックになると5600円~6800円くらいです。3色パックのものなら2700円程度です。カートリッジの交換時には、この程度のお金を用意する必要が出てくるでしょう。

安く調達するなら互換品の利用を検討する

純正品は高品質で不具合が起こりにくいですが、品質が良い分だけ価格が高くなりますので、頻繁に印刷機を利用するとかなりの費用が発生します。カートリッジの交換費用を安く抑えたいなら、純正品ではなく互換品のカートリッジを選ぶ方法があります。キャノンのプリンターで使える専用の互換インクを選びますが、純正品と同じく、印刷機の型番に対応するものでなければ使えませんので、注意してください。互換品は販売店によって価格が違ってきますが、おおよその相場を見ていくと単色のカートリッジで500円、大容量タイプなら1800円くらいします。5色パックで1000円~1200円、6色パックなら1400円~2000円程度です。互換品は純正品の半分か、それ以下の価格で購入できることが分かります。