今は自宅でも簡単に様々なものをプリンターで印刷することができるようになっていますが、やはり難点となっているのがインク代の高さになります。1年に一回年賀状を印刷する程度であればそれほど気にならないかもしれませんが、近年はデジタルカメラで撮影をした写真も自宅のプリンターで印刷をします。そのような場合には、かなりの頻度で印刷をすることになりますので、あっという間にインクが無くなってしまいます。高品質で印刷をできることは嬉しいですが、これだけ値段が高いと印刷をすることをためらってしまう原因にもなります。プリンターの中でも特に人気のキャノンを使っている場合、もっと安く買うことはできないのでしょうか。ここではキャノンのインクを買う際の選択肢はどのぐらいあるのか、そして、どの方法で買うと安く買うことができるのかをご紹介していきます。

色が綺麗な純正品を安く購入方法とは

純正品はキャノンが発売しているものですので、最も安心して使うことができて、さらには色もきれいに印刷ができるものです。しかし、キャノンの純正品を購入することが最も頻度が多いかもしれませんが、純正品を安く購入することが最も難しいものです。大手家電量販店であっても、それほど値段に大きな違いがないぐらいに、値段が固定されています。純正品を安く購入したい場合には、インターネット通販で探すことで数百円程度であれば安く購入をすることができるかもしれません。また純正品を取り扱っているアウトレットなどもありますので、探してみるのも良いでしょう。目的の色や品番を探すことは難しいですが、リサイクルショップに行ってみるのも一つの方法になります。ただし、リサイクルショップやアウトレットの場合には、使用期限の確認を必ずするようにしてください。

純正品よりも安い互換品を購入しよう

プリンターのインクを最も安く購入する方法は、互換品を購入することです。互換品とはメーカー以外が販売をしているもので、とにかく価格が安いことが特徴になります。互換品の価格は純正品の約半分の値段で購入することができます。気になる品質ですが、通常の印刷物であれば問題なく印刷をすることができます。中でも互換品専用の販売サイトがありますので、そこで購入することが最も安く購入をすることができます。豊富な種類の互換品が常に販売されていますので、まとめて購入をしてしまえば、純正品の約8割引きで購入をすることができます。ですので、写真などの品質が求められる印刷物は純正品を使って、それ以外の印刷物は互換品を使って印刷をするなどの使い分けをして、上手に印刷をするようにしてください。